オンブズ富山こうほう担当の日誌


NPO法人 市民オンブズ富山の会員こうほう広場
by ombudst01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

前知事退職金返還控訴審判決報告会

e0123467_20104458.jpg

日時 : 6月20日(水) 午後7時~
場所 : 石動コミュニティセンター
このさい・・・あらいざらい話しましょう 。
市民オンブズ小矢部・美谷代表監査請求から最高裁へ上告まで経過報告。
市民オンブズ富山・青島代表の解説「控訴審判決の問題点」恥ずかしい判決と言える。

 解説 控訴審判決の問題点 

一見もっともらしいのですが,よく考えると非論理的で,素人が読んでも恥ずかしくなるくらいの判決です。このような判決を通用させていてよいものか。少し長くなりますが,皆さん読んでみて下さい。
1 条例と議会の議決では相違がない?
 まず,判決は,富山県条例でも額の決定方法が明示されており,条例で定める場合と比べても,議決方法には相違がないから両者が実質的には等しいとします。そして,議員は住民の代表者であるから民主的なコントロールのもとで決定しているものといえるので,条例による方,「より民主的なコントロール」とまではいいきれないとします。
 しかし,住民が直接条例改廃を請求できることが法的に保障されている場合と認められない場合では住民の地方自治に対する影響力という点で決定的な差違があります。直接民主制と間接民主制の両制度を取り入れている地方自治法の解釈において無視することは許されません。また,そもそも,異なる制度である直接民主制と間接民主制を比べて「より民主的」であるか否かを論ずることは非論理的です。
 なお,判決は,条例でなく議決で定めるとする本件条例自体に対して改廃請求を行うことが可能であったから,条例改廃請求権の行使を重視しても原告住民の主張には理由がないとしています。しかし,本件条例に対する改廃請求の可否の問題と,特定の退職金額を定めた議決に対する変更の可否とは全く別問題,無関係で,原判決のこの判断は非論理的でさえあります。
 なお,判決は,条例でなく議決で定めるとする本件条例自体に対して改廃請求を行うことが可能であったから,条例改廃請求権の行使を重視しても原告住民の主張には理由がないとしています。しかし,本件条例に対する改廃請求の可否の問題と,特定の退職金額を定めた議決に対する変更の可否とは全く別問題,無関係で,原判決のこの判断は非論理的でさえあります。
2 選挙による変更の可否について
 判決は,選挙の争点化による内容修正の可能性についての差違について,個々の退職手当の支給ごとに金額を議会で議決する場合が,予め条例で定められた金額が自動的に支給される場合に比べ,より住民の関心を惹きやすい面があるので問題にならないとしています。しかし,住民が関心をもつのは退職金額の多寡,業績や世間相場との比較における金額の相当性です。定め方に関心を持つかどうかは決定方法の違いとは関係ありません。
 そして判決は,議会で議決する場合でも金額が不当であれば,住民が議員に働きかけたり,あるいは事後の議員選挙においてその点が争点となる可能性もあるから,条例による場合に比較して,住民のコントロールの観点から直ちに劣るものと断定することはできないとしています。しかし,条例改廃請求権の対象であれば法定の条件を備えれば当該条例が改廃される保障があるのに対して,議員への働きかけは単なる要請に過ぎず内容が変更される保障は全くなく,事後の議員選挙における争点化に及んでは,後の祭り,支給後であれば無意味です。住民によるコントロールの観点から格段の差が認められ,判決の判断は不合理です。
3 議会と執行機関との抑制・均衡の点について
 判決は,議会が議決によって額を定める場合と,条例で定める場合とを比較しても,前者が後者に比して,議会の権限が過大となり,知事と議会との抑制・均衡関係が崩れるとまでいうことはできないとしています。この判断には全く根拠,理由が示されていません。
 しかし,長野県の田中知事の退任時の例のように,議会と知事が対立しているような場合,現実に知事の職務に影響を与えることは明らかです。
 次に,判決は,今回は他府県や前任者の例など各種条件を考慮して金額が定められたから,知事と議会との抑制・均衡関係を崩すことになるとまでいうことはできないとした判断しています。
 この点が今回の判決の一番おかしなところです。実際には知事が退職した後に各種条件が考慮されて退職金額が決定されています。知事が退職するまでの間は,このような検討が行われていません。したがって,退職時まで退職金がどうなるかわからなかったわけで,知事の立場を弱体化しないとする根拠にはなり得ません。原判決の判断は,時間の先後関係を無視した非論理的な判断です。


>裁判官も役人だから行政よりの判断に成ってしまうのではないか!!
との意見が多くあった。
[PR]
by ombudst01 | 2007-06-20 20:10 | 会議日程など

6月度運営委員会

日 時 : 平成19年6月18日(月) 19時~
場 所 : 富山中央法律事務所
会議事項 :
[PR]
by ombudst01 | 2007-06-15 11:55 | 会議日程など


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧