オンブズ富山こうほう担当の日誌


NPO法人 市民オンブズ富山の会員こうほう広場
by ombudst01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

カテゴリ:会議日程など( 9 )

NPO法人市民オンブズ富山 総会・記念講演

平成19年11月18日13時30分~
県民会館7階 701号室においてNPO法人市民オンブズ富山の第12回総会を開催しました
司会者・議長に美谷氏を選出後、会務報告(松永)・会計報告(青島)・会計監査報告(小関)・次年度計画(松永)などの報告について会員の承認を頂いた。
尚、代表及び理事の選任については青島代表理事・松原理事・松永理事・監事(小関)に継続再認のご承認を頂いた。
e0123467_12595618.jpg
5分~1614時時15分
記念講演
講演者 :関 組長 (国会ロビイスト・納税者ネットワーク代表)
*政務調査費・政治資金・NPO・(女?)*
を会員や市民団体、報道機関など約40名の聴衆者との質疑応答も繰り広げられ予定していた時間を超え、熱心に答えられている関 組長の活動に今後とも注目が集まりそうな気配の高まりを感じた。
講演内容は下のブログ(美谷氏)に掲載されていますのでリンク致します。
http://sumiyakist.exblog.jp/7488615/

閉会後、会員と関 組長を交え懇親会が執り行われ、講演では話されなかった裏話など盛り上がった会食となた。
[PR]
by ombudst01 | 2007-11-18 22:00 | 会議日程など

衆議院本会議25年在職

e0123467_13112292.jpg

3名表彰
[PR]
by ombudst01 | 2007-11-06 13:11 | 会議日程など

小沢党首の辞任表明の影響か??

e0123467_10365880.jpg

テロ特別委員会開かれず午前10時30分現在
[PR]
by ombudst01 | 2007-11-05 10:36 | 会議日程など

総会案内・記念講演者:紹介

□関組長を取材(11月4日民主党本部前にて)□YouTube ↓  ↓  に公開しています
http://jp.youtube.com/profile?user=sadao24

11月13日追加UPしました


e0123467_22521445.jpg


関 義友 せき よしとも (通称=関組長)プロフィール

 1967年11月大阪生まれ。 氷見自動車学校卒。現在は石川県金沢市の長屋横丁で恋
人と非婚別姓で2人暮らし。金沢と国会のある東京・永田町を行き来して生活。
■関組長なる通称の由来
 かつて関西大学の前にある不動産屋で留学生を講師に韓国語、中国語、インドネシ
ア語講座をやっていたことがある。その不動産屋をリストラされた時に商店街の親し
いカフェなどの協力を得ながら多文化共生事業部を続させ、屋号を関組★多文化共生
事業部とした。映画監督が撮影に入ると○○組と呼ぶように、英語でTeamLeaderと言
わず日本語で関のプロジェクトチームといった程度の意味で関組長とした。そのなご
りでロビー活動が忙しくなり講座を休業した後も、平和運動系のメーリングリストな
どで関組長というハンドルネームを使うようになった。
 市場調査会社や不動産会社に勤務した後、2001年 9・11事件以降、国会の会期中は
東京・永田町に常駐し、特定の政党を支持あるいは反対するのではなく超党派で、お
もに外交防衛政策に関する提言を国会議員らに行なってきた。
関組長の東京・永田町ロビー活動日記【blog版】http://sekigumi.ti-da.net/
関組長の永田町ロビー活動日記【メルマガ版】
http://www.melma.com/backnumber_116100/
の読者がぽつりぽつりと振り込んでくださるカンパで生計を支えていただきながら国
会で活動を続けている。 また、最近は恋人の営む移動屋台「旅カフェ」の手伝いを
して、金沢21世紀美術館ををはじめさまざまなイベントに出没している。
■ロビー活動について
 ロビイストというのは?会のロビーなどで議員をつかまえて政策を提言する活
動をすることから、その名がある。 ロビイストの仕事をロビー活動という。 国会議
員でもなく議員の秘書でもなく政党のスタッフでもなく国会職員などでもなくメディ
アでもない立場で働く。 超党派のNGOのロビイストであり、業界団体や企業に雇
われてはいないので、 何の利権もないかわりに貧乏をしている。 9・11事件以降、
アフガニスタン、イラクなど外交防衛政策や難民支援に関することや、最近は、おも
に米軍・普天間飛行場の名護市辺野古/キャンプ・シュワブに移転する計画、共謀罪、
教育基本法、憲法改正の国民投票法案について取り組んできた。
 これまでに作った公式文書としては、「イラク復興支援に予算を出さない衆議院決
議に関する請願」「テロ特措法とイラク特措法の廃止法制定に関する請願」「議員会
館の駐車場におけるアイドリングストップを求めることに関する請願」「平成十七年
度予算案における辺野古ボーリング調査費の二十七億円に予算修正の動議を出すこと
に関する請願」「普天間飛行場の移設に係る政府方針に基づいたSACO関連経費の
執行凍結に関する請願」「教育基本法案と日本国教育基本法案の記名採決を求めるこ
とに関する請願」「辺野古におけるボーリング調査に関する質問主意書」等があり、
それぞれ国会議員に働きかけて提出してきた。
 現在、『週刊金曜日』に「関組長の国会ロビー活動日
記」と題して不定期連載中。
[PR]
by ombudst01 | 2007-10-08 23:04 | 会議日程など

市議会政務調査費の異議申立に係る意見書

e0123467_169319.jpg

行政管理課の松島主幹、渡辺副主幹に提出

異議申立に係る意見書

2007年9月3日
富山市情報公開審査会
会 長  細 川 俊 彦 様
富山市
松永定夫

 政務調査費の情報公開が領収書の全面公開という方向性で進んでいることは、もはや否定しがたい事実である。それは、公人による公費の支出の正当性が単に当事者の“自主的判断”によってはもはや正当化され得なくなり、誰の目にも、とりわけ市民の常識に照らしてそれらの支出の正当性が承認されることが求められるようになったことを示している。
 こうした時代的背景を見ることなく、過去の片々たる規定を持ち出し、特権にあぐらをかいて恥じない姿勢には呆れるばかりである。
しかるに、非開示処分とした理由を「富山市議会は各会派において経理責任者を置き、関係書類を整理保存しているところで・・・実施機関である議会では保有しておりません。」では納得出来ない。
東京都都議会などにおける政務調査費の不正流用支出の惨憺たる事実が明らかになっている。これを前例に、ひたすら情報隠しに走るなら、いずれ市民の指弾を受けるだろう。


1. 補助金等の取り扱いに関する規則によると、交付の内容・条件に従うこと、他の用途に使用してはならないこと、これに反した場合、市長は決定の取り消し・補助金の返還を命じなければならないとされている。そして、補助金支出が適正に行われたことを証明するものとして、補助事業者等には実績報告や帳簿等の整備・保管が義務づけられている。従って補助金支出に疑義があればこれら書類が審査に付される、即ち公開されることが予定されていなければならない。そうしないで、補助金支出の正当性はなにによって担保されるのであろうか。
    富山市の政務調査費の交付に関する規則第6条には、政務調査費の交付を受けた会派は経理責任者を置くことが規定されている。この規定によって、会派経理責任者はその限りにおいて「実施機関の職員」と見なされるべきものである。従って経理責任者が保管している書類は公文書であり、情報公開の対象となるものである。
    政務調査費の交付に関する規則第7条は会派経理責任者に会計帳簿を調製し、証拠書類を整理し、これらを5年間保管することを義務付けている。この規定は政務調査費支出の正当性を担保するためのものであり、「調査研究に資するため」ではない支出、使途基準に合致しない支出があった場合、市長はその返還を求めなければならないし、そうした判断のための資料を作成・保管する任務を会派経理責任者は担っているのである。

2. 市議会議長は、政務調査費支出について「会派あるいは当該会派に所属する議員の自主的な判断を最大限尊重することが求められています」「議会及び議会を構成する議員は市長から不当な支配・干渉を受けることなく独立して活動することが保証されなければなりません」と言う。しかし、何故これが直ちに領収書等の公開を拒むことに繋がるのか、不可思議と言うほかない。市民はもちろん、万人に到底理解できない。

3. 富山市民の寛容心を逆撫でし、漫然と保身し続ける市議会の姿勢は、恥と思わない恥を晒(さら)していると言えよう。
    
以上のように、政務調査費支出の会計帳簿及び証拠書類等をことさらに公文書でないと主張するのは、支出の実態を知られたくない、あるいは領収書をそろえることができないからであり、いかなる意味でも正当化されないものである。

以上
[PR]
by ombudst01 | 2007-09-03 16:09 | 会議日程など

富山市議会政務調査費非開示に関する異議申立

e0123467_13405839.jpg

議会庶務課谷村参事 川波課長補佐へ渡す。

異議申立書
2007年7月20日
富山市議会議長殿
異議申立人
行政不服審査法に基づき下記の通り異議申立をする。


1 異議申立人の住所、氏名、年齢
       富山市   松永定夫 57歳

2 異議申立に係る処分
2007年6月29日付 議庶第39号文書による公文書非公開の処分

3 異議申立に係る処分があったことを知った年月日
2007年7月4日

4 異議申立の趣旨
「2に記載の処分を取り消す。」との決定を求める。

5 異議申立の理由
(1)本件処分は、市議会政務調査費の公布に関する条例及び同規則の解釈適用を誤ったものであり、全部公開すべきものである。
(2)本件「決定通知書」記載の「公文書を保有していないため」とされた文書は、公文書とすべき文書であり、公文書公開の対象である。
(3)条例第8条、政務調査費を別に定める(使途基準)に従い使用するものとし、「市政に関する調査研究に資するために必要な経費以外のものに充ててはならない」とされている。しかし、その適否を判断すべき資料としては、各会派に収支報告書の提出と、議長に当該文書の5年間の保存を義務づけているのみである。これを補足するものとして、規則第7条(会計帳簿等の整理保存)で本件異議申立の対象となっている文書の5年間の保存を、各会派経理責任者に義務付けている。
かかる規程において、政務調査費が”必要な経費として支出”されたのか否かをいかにして判断するのか。当然にもそれは、収支報告書と会計帳簿、証拠書類等を一体のものとして扱うことによってである。規則第8条の規程を設けてこれを非公開の根拠とすることは、故意に政務調査費支出の適否の判断を妨げ、地方自治の本旨にそむくものであり、また公序良俗に反するものである。
以上に述べたように、本件異議申立の対象となっている文書を”公文書を保有していないため非公開”とする決定は誤りである。

6 処分庁の教示の有無および内容
「この処分について不服がある場合は、この決定を知った翌日から起算して60日以内に、富山市議会議長に対して異議申立てをすることができます。」との教示があった。

以上
[PR]
by ombudst01 | 2007-07-20 13:40 | 会議日程など

前知事退職金返還控訴審判決報告会

e0123467_20104458.jpg

日時 : 6月20日(水) 午後7時~
場所 : 石動コミュニティセンター
このさい・・・あらいざらい話しましょう 。
市民オンブズ小矢部・美谷代表監査請求から最高裁へ上告まで経過報告。
市民オンブズ富山・青島代表の解説「控訴審判決の問題点」恥ずかしい判決と言える。

 解説 控訴審判決の問題点 

一見もっともらしいのですが,よく考えると非論理的で,素人が読んでも恥ずかしくなるくらいの判決です。このような判決を通用させていてよいものか。少し長くなりますが,皆さん読んでみて下さい。
1 条例と議会の議決では相違がない?
 まず,判決は,富山県条例でも額の決定方法が明示されており,条例で定める場合と比べても,議決方法には相違がないから両者が実質的には等しいとします。そして,議員は住民の代表者であるから民主的なコントロールのもとで決定しているものといえるので,条例による方,「より民主的なコントロール」とまではいいきれないとします。
 しかし,住民が直接条例改廃を請求できることが法的に保障されている場合と認められない場合では住民の地方自治に対する影響力という点で決定的な差違があります。直接民主制と間接民主制の両制度を取り入れている地方自治法の解釈において無視することは許されません。また,そもそも,異なる制度である直接民主制と間接民主制を比べて「より民主的」であるか否かを論ずることは非論理的です。
 なお,判決は,条例でなく議決で定めるとする本件条例自体に対して改廃請求を行うことが可能であったから,条例改廃請求権の行使を重視しても原告住民の主張には理由がないとしています。しかし,本件条例に対する改廃請求の可否の問題と,特定の退職金額を定めた議決に対する変更の可否とは全く別問題,無関係で,原判決のこの判断は非論理的でさえあります。
 なお,判決は,条例でなく議決で定めるとする本件条例自体に対して改廃請求を行うことが可能であったから,条例改廃請求権の行使を重視しても原告住民の主張には理由がないとしています。しかし,本件条例に対する改廃請求の可否の問題と,特定の退職金額を定めた議決に対する変更の可否とは全く別問題,無関係で,原判決のこの判断は非論理的でさえあります。
2 選挙による変更の可否について
 判決は,選挙の争点化による内容修正の可能性についての差違について,個々の退職手当の支給ごとに金額を議会で議決する場合が,予め条例で定められた金額が自動的に支給される場合に比べ,より住民の関心を惹きやすい面があるので問題にならないとしています。しかし,住民が関心をもつのは退職金額の多寡,業績や世間相場との比較における金額の相当性です。定め方に関心を持つかどうかは決定方法の違いとは関係ありません。
 そして判決は,議会で議決する場合でも金額が不当であれば,住民が議員に働きかけたり,あるいは事後の議員選挙においてその点が争点となる可能性もあるから,条例による場合に比較して,住民のコントロールの観点から直ちに劣るものと断定することはできないとしています。しかし,条例改廃請求権の対象であれば法定の条件を備えれば当該条例が改廃される保障があるのに対して,議員への働きかけは単なる要請に過ぎず内容が変更される保障は全くなく,事後の議員選挙における争点化に及んでは,後の祭り,支給後であれば無意味です。住民によるコントロールの観点から格段の差が認められ,判決の判断は不合理です。
3 議会と執行機関との抑制・均衡の点について
 判決は,議会が議決によって額を定める場合と,条例で定める場合とを比較しても,前者が後者に比して,議会の権限が過大となり,知事と議会との抑制・均衡関係が崩れるとまでいうことはできないとしています。この判断には全く根拠,理由が示されていません。
 しかし,長野県の田中知事の退任時の例のように,議会と知事が対立しているような場合,現実に知事の職務に影響を与えることは明らかです。
 次に,判決は,今回は他府県や前任者の例など各種条件を考慮して金額が定められたから,知事と議会との抑制・均衡関係を崩すことになるとまでいうことはできないとした判断しています。
 この点が今回の判決の一番おかしなところです。実際には知事が退職した後に各種条件が考慮されて退職金額が決定されています。知事が退職するまでの間は,このような検討が行われていません。したがって,退職時まで退職金がどうなるかわからなかったわけで,知事の立場を弱体化しないとする根拠にはなり得ません。原判決の判断は,時間の先後関係を無視した非論理的な判断です。


>裁判官も役人だから行政よりの判断に成ってしまうのではないか!!
との意見が多くあった。
[PR]
by ombudst01 | 2007-06-20 20:10 | 会議日程など

6月度運営委員会

日 時 : 平成19年6月18日(月) 19時~
場 所 : 富山中央法律事務所
会議事項 :
[PR]
by ombudst01 | 2007-06-15 11:55 | 会議日程など

6月度例会案内

日 時 : 平成19年6月3日(日) 14時~
場 所 : サンシップとやま703号室
会議事項 :
1 石油訴訟判決報告と控訴の検討
2 上海線就航記念富山県友好訪問団派遣事業訴訟について
3 第14回全国市民オンブズマン大会は、2007年9月15日(土)~
16日(日)に山形へ  山形市「ビッグウイング」 テーマ案:「政務調査費」
4 今年の総会
5 会員報告
6 パーソン印刷袋詰め等 13時~
[PR]
by ombudst01 | 2007-05-31 05:10 | 会議日程など


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧