オンブズ富山こうほう担当の日誌


NPO法人 市民オンブズ富山の会員こうほう広場
by ombudst01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

市選挙管理委員会の対応は不作為から詐欺の共同正犯

<富山市への意見・市議会選挙に絡む水増し交付金疑惑>

                                             平成19年12月24日

本年、岐阜県の山県市議選では、市議らが「選挙公営」で公費負担されるポスター代を水増し請求した詐欺容疑事件で、県警捜査二課と山県署は7月12日、同容疑で現職の市議ら7人と選対関係者、印刷業者の計12人を岐阜地検に書類送検した。
などと以下のブログページに掲載されているところです。http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/b0bb82908fd6b0a6a841372ef14b6439

同様に、富山市議会の同事案について情報公開を行ったところ、選挙ポスター及び選挙運動用自家用車(燃料代)に係る請求の実態が明らかとなり、分析の結果一部の議員を除き山県市議会の水増し請求と酷似している事が判明しました。
平成17年4月24日の市議選挙の富山選挙区では選挙ポスターの製作において38名の候補者の内29人が限度額一杯の額(55万7925円)の交付を得ていた。
又、選挙運動用自動車の使用についても富山選挙区では、ハイヤー方式を除く29名中3人が燃料費(ガソリン代)の限度額一杯額(5万1450円)の交付を得ていたが、1万円以下の2人の候補者と比較して5倍以上の交付金額を得ていたことに成る。
富山市選挙管理委員会が以上の様な税金泥棒的な申請に対して漫然と見て見ぬ振り的な対応を行っていたらば、詐欺罪を幇助した共同正犯として組織的な犯罪行為に及ぶとの認識が必要ではないか。
行政(富山市)と立法(富山市議会)は互いにチェック機能を果たして行かねば成らないところ、逆に仲良し友達の様に馴れ合いの姿勢では市民の疑い(偽)は深まるばかりである。
詳細は下のブログ「オンブズ富山こうほう担当の日誌」に公開しています。

http://ombudst01.exblog.jp/d2007-12-23

NPO法人市民オンブズ富山
理事 松永定夫
[PR]
by ombudst01 | 2007-12-29 06:12 | 情報公開請求
<< 疑問に答えず、市政に反映すると... 富山県議会・市議会で選挙の公費... >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧